守山市の柔道の歴史

 守山市の柔道の歴史(文中敬称略)

 

昭和2245 石塚定成、西村平司、藤本利夫、森川昭二などが発起人となって

  守山柔道同好会を設立し、週3回夜間稽古を開始した。(終戦後、武道は活動を禁止されていたが、昭和217月に、スポーツとしての活動が解禁された。)

 

昭和282 森 幸太郎滋賀県知事を迎え、柔剣道大会を盛大に開催した。

滋賀県柔道連盟野洲支部に加入し、県下の大会には絶えず選手を派遣するまでに基盤が固まった。 

 

昭和327月 それまで使用してきた守山警察署の道場が、留置所の隣にある関係上使用ができなくなり、吉身地区の米倉庫を借用した。しかし、2階のため床抜けを心配して、まもなく野洲西小学校講堂の片隅に移動し、さらにチッソアセテート(株)の物置へと、稽古場所探しの苦労を楽しみながら稽古を重ねた。

 

昭和33 藤本利夫が滋賀県柔道連盟理事・守山支部長に就任した。

 

昭和39 守山町体育協会理事長、金森達郎氏の勧めにより守山町体育協会に加入し、旧湖南中学校校舎(後講堂)に稽古場所を移した。同中学の木戸巳代司教諭(四段)も連盟の活動に参画した。

 

昭和41227日 田中清太郎先生(県柔道連盟理事長 八段)や金森達郎先生の斡旋、ならびに北川俊一町長(後に守山市長)、西村四郎教育長、山岡 茂公民館長、高橋一男体育協会副会長等をはじめとした各位のご協力により、守山町柔道スポーツ少年団を結成した。

  後援会長:藤本利夫(現七段)、副会長:高橋一男(元体育協会長・教育委員長 参段)、指導者:藤本利夫、裵本孝一(参段)、柴原泰彦(現五段)、橘木美智男(現四段)

 

昭和422 藤本利夫が「柔道と柔道を通しての青少年育成」の熱意から、自費により自宅前に50坪の道場を建築した。

昭和42430 守山市柔道協会創立20周年 守山柔道スポーツ少年団創立1周年 ならびに守山道場新築祝賀記念行事を盛大に開催した。後に総理大臣に就任した地元選出の宇野宗佑衆議院議員、県柔道連盟役員一同、北川俊一町長、町教育委員長、守山警察署長、守山町内小中学校長、その他のご臨席を得た。これを機に、柔道連盟の組織は盤石となった。

 

昭和434月 スポーツ少年団保護者会が結成され、初代保護者会長に山口惣吉(山口屋洋品店店主)が就任した。

昭和438 京都市北区紫野池の坊町の京都少年心身育成柔道場練心会 会長堀部正一先生(六段)の肝いりで 守山道場において親善試合を開催し、同年10月には練心会を訪問して少年部員の親善試合と保護者懇親会を開催した。

 (その後、毎年春は守山、秋は京都で親善試合を開催し、昭和50年からは年1回交互に訪問することになったが、27回を重ねて親善試合は終了した。)

 

昭和458 講道館で開催された第1回全国中学校柔道大会に、守山市立守山中学校柔道部が滋賀県代表として出場した。

 

昭和48年 飯塚 保(当時県柔道連盟事務局 駒井運送(株)専務、現七段)が守山に転居し守山市柔道協会に加入した。  以後、守山市市体育協会、スポーツ少年団に多大な貢献を尽くした。

 

昭和506 坪谷石根(現滋賀県柔道連盟副会長 現八段)が守山に転居し加入した。以後、坪谷の指導下に守山の柔道は着実に実力をつけ、各種大会で優秀な成績をあげて連盟の全盛期を迎えた。

昭和50年、51 守山スポーツ少年団出身の選手を中心とした守山市立守山中学校柔道部は、野洲秀一教諭の指導を得て県大会を勝ち抜き、第6回、7回全国中学校柔道大会(講道館)に滋賀県代表として連続出場を果たした。

昭和5010 叡山柔道協会が設立されると同時に、同協会少年部員との親善試合が開始され、昭和55年まで継続し終了した。

 

昭和51年4月 第2代保護者会会長に服部幹夫(服部工業株式会社社長)が就任した。

昭和51 前年指導部長に就任した坪谷石根の指導を得て、守山柔協チームが滋賀県青年柔道大会に優勝し、当協会として初めての全国大会出場を果たした。

 

昭和521 飯塚 保が柔道スポーツ少年団長に就任するとともに、守山市スポーツ少年団本部理事に就いた。氏はその活動の場を守山市および県スポーツ少年団、守山市体育協会に広げ体育全般の振興に努力貢献した。

 

昭和56年4月 第3代保護者会会長に武中清嗣が就任した。藤本利夫(当時六段)と飯塚 保(当時五段)が、毎年講道館で開催されている全国高段者柔道大会に出場した。

昭和568月 30回滋賀県青年柔道大会に優勝し、全国大会へ駒を進めた。 

昭和561013日~16  伊香郡木之本町の伊香体育館で開催された滋賀国体 柔道の部において、藤本が救護班、坪谷が審判員、飯塚が決まり技決定係りとして参画した。(この大会で、滋賀県は総合優勝に輝いた。)

昭和5612月 初の女子有段者が2名誕生した(菊澤律子:膳所高、東大へ進学、須戸ゆか:膳所高、滋賀大に進学、両名とも高校・大学柔道部で活躍)。その後も、富樫美香、 宇野奈津子などの女子有段者が誕生した。

 

昭和584月 第4代保護者会会長に後藤三生が就任した。

昭和588 守山市スポーツ少年団本部創立20周年記念式典において柔道スポーツ少年団が長年の活躍に対し表彰される

 

昭和598 県民大会柔道一般の部3位入賞、 11 第6回滋賀県少年柔道大会2位入賞

 

昭和6010 守山市柔道スポーツ少年団が社会体育優良団体として文部大臣表彰を受けた。

 

昭和618 第35回滋賀県青年柔道大会準優勝、第22回県少年柔道大会で小学生低学年の部2位入賞

 

昭和6111 第8回滋賀県少年柔道大会において守山スポーツ少年団が初優勝

 

昭和622 飯塚 保が長年の功績により県武道功労者表彰を受けた。

昭和624 守山柔道協会創立40周年・守山市柔道スポーツ少年団創立21周年記念式典を開催した。

昭和628月 第36回滋賀県青年柔道大会に優勝し、11月の第36回全国大会に滋賀県代表として出場した。第23回県少年柔道大会 高学年の部 優勝、低学年の部3位、個人戦(女子2年の部)田中美妃が優勝した。

 

昭和632月 坪谷石根が長年の功績により県武道功労者表彰を受けた。

昭和6311 第10回県少年柔道大会準優勝

 

平成24 第5代保護者会会長に篠原 俊(弐段)が就任した。

平成25 第12回県少年柔道大会高学年の部で準優勝し、滋賀県代表として近畿大会に出場した。

平成211 第42回近畿各種団体対抗柔道大会2位入賞

 

平成34 第6代保護者会会長に西藤 薫が就任した。

平成37 第40回滋賀県青年柔道大会に優勝し、11月の第40回全国大会に滋賀県代表として出場した。

 

平成44 柔道協会創立45周年、柔道スポーツ少年団創立26周年記念式典を挙行した。

平成411 第44回近畿各種団体対抗柔道大会優勝

 

平成510 藤本利夫が文部大臣表彰(体育の普及振興に尽力)受けた。

 

平成78 第48回県民体育大会にて初優勝

平成710 第47回近畿各種団体対抗柔道大会3位入賞

 

平成88 第49回県民体育大会3位入賞、篠原一哲が個人戦初段の部優勝

 

平成94 守山柔道協会創立50周年・守山市柔道スポーツ少年団創立31周年記念式典を、守山市体育協会をはじめとする多くの後援、協賛を頂き開催した。

 平成98 50回県民体育大会にて優勝

 

 平成10  立ち上げから50年以上守山柔道を牽引してきた藤本利夫にかわり、指導部長であった坪谷石根(現八段)が第2代守山市柔道連盟会長に就任した。  

 平成108 51回県民体育大会にて2年連続優勝

 

 平成128 53回県民体育大会にて4度目の優勝

 

各種スポーツ施設の充実に伴うスポーツの多様化や少子高齢化の影響から柔道人口の減少し、当連盟も一時成年の活動家が数名程度まで落ち込み、柔道スポーツ少年団員も10名前後に減少する事態に至った。

 

平成15510日 飯塚 保、曽根善三(現四段)の尽力によって柔道教室を開設した。より柔道に親しめるよう門戸を開く努力の結果、子供達とともに教室・スポーツ少年団の指導者として柔道経験保護者が参加するようになり、その後教室・スポ少合わせて約60名の小学生が稽古に励むようになった。

 

平成185 第3代守山市柔道連盟会長に柴原泰彦(現五段)が就任した。

 

平成203月 藤本利夫が昭和42年に私財を投じて建築した藤本道場を返還、活動拠点を守山市立守山中学校武道場に移した。これによって藤本道場は41年の歴史に幕を閉じた。なお、「藤本利夫先生並びに藤本道場に感謝を伝える会」を賛同者によって組織し、御礼を申し上げた。

 

平成214 守山市立守山中学校に、卓越した柔道指導歴を持つ正江茂文教諭が東近江市立湖東中学校から赴任し、柔道部の指導を開始し、その後現在まで、滋賀県大会のみならず、全国大会や近畿大会で多くの入賞者を輩出している。

平成215月 4代守山市柔道連盟会長に曽根善三(現四段)が就任した。

 

平成228月 守山市立守山中学校の佐野 愛が女子44kg級滋賀県代表選手として第41全国中学校柔道大会(松江市)に出場した。守山柔道から全国中学校柔道大会個人戦初の出場選手となった。

 

平成245 守山市立守山中学校柔道部が春季総体女子団体で初優勝し、7の夏季総体にも優勝して、8の第43回全国中学校柔道大会(川崎市)に滋賀県代表として出場した。

 

平成256月 5代守山市柔道連盟会長に三上靖夫(現五段)が就任した。

平成258 大津市で開催された第62回近畿中学校総合体育大会で、守山市立守山中学校柔道部が3位入賞、個人戦では女子44kg級で安枝汐香が、女子63kg級で水野瑚春が見事優勝した。

 

平成258 守山市立守山中学校柔道部が三重県で開催された第44回全国中学校柔道大会に滋賀県代表として連続出場を果たした。同大会の個人戦にも、男子1名、女子4名が滋賀県代表として出場し、4名が初戦を突破し、女子63kg級の水野瑚春が5位に入賞した。

 

平成265 春季総体で、女子個人戦8階級中6階級を守山市立守山中学校柔道部員が制した。

平成268月 松山市で開催された第45回全国中学校柔道大会 個人戦女子40kg級で向尾知妃が5位に入賞した。

 

平成278月 函館市で開催された第46回全国中学校柔道大会個人戦に、男子2名、女子3名が滋賀県代表として出場し、個人戦女子52kg級で藤井志穂が3位に入賞する快挙を成し遂げた。

 

平成28年1月 市立守山中学校の正江茂文教諭が、部活動指導の功績を評価され、文部科学大臣優秀教職員として表彰された。

 

平成28年4月 春季総体で、女子団体で優勝、女子個人戦8階級中4階級を守山市立守山中学校柔道部員が制した。

 

平成28年8月 新潟県上越市で開催された第47全国中学校柔道大会個人戦に、7月の県大会を制した市立守山中学校女子団体、および、個人戦男子50kg級、女子40kg級、44kg級、48kg級、57kg級、63kg級の6選手が滋賀県代表として出場した。

 

平成28年11月20日 11回守山市武道祭を守山市柔道連盟の主催で開催し、連盟に所属する成年、スポーツ少年団団員、柔道教室生徒によって公開演武を行った。

 

平成29225 守山市柔道スポーツ少年団が、滋賀県体育協会滋賀県スポーツ少年団から優秀スポーツ少年団として表彰を受けた。

 

平成29312 第37回滋賀県小学生柔道大会で2年女子のRSと6年女子のMSが2位に入賞した。

 

平成29523 2020年東京パラリンピックで、守山市がトルコの柔道(視覚障害者)とゴールボールのホストタウンになることが決まったことを受けて、メリチ駐日トルコ大使が宮本和宏市長の案内で守山柔道の視察に来られた。

 

平成29年5月18 春季総体で、スポーツ少年団出身の選手を中心とする、守山市立守山中学校が、男女とも団体でアベック優勝を果たした。

 

平成2964 全国小学生学年別柔道大会滋賀県予選が開催され、6年女子MMが2位、6年男子KSが3位と、全国大会出場まであと1歩であった。

 

平成29727日 夏季総体で、守山市立守山中学校が、男女とも団体でアベック優勝を果たし、全国大会出場を決めた。

 

平成2987 京都市武道センターで開催された第66回近畿中学校総合体育大会で、守山市立守山中学校柔道部は団体戦で男女ともベスト8に進出し、個人戦では女子44kg級の南平優華と48kg級の安枝風香が2位に、男子66kg級の森田凌介が3位に入賞した。

 

平成29812 福島県で開催された第66回全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の女子個人戦78kg超級で、市立守山中学校柔道部OGの園田萌絵香(岡山・創志学園3年)が3位に入賞した。

 

平成29822-25 福岡市で開催された第48回全国中学校柔道大会に、市立守山中学校男子・女子団体、および、個人戦男子60kg級、66kg級、女子40kg級、44kg級、48kg級の4選手が滋賀県代表として出場した。女子団体は、予選リーグ22勝で初の決勝トーナメントへ進出、ベスト16で敢闘賞を表彰された。

 

 

平成2993 第53回滋賀県小学生柔道大会個人戦で、6年生女子でMMが優勝し、3年生女子でRSが2位に入賞した。